top of page
  • Gaby Doman

日本の秋: 五感の饗宴


季節の色、味、伝統のタペストリーを楽しむ

京都の醍醐寺


日本の秋は待ち遠しい季節です。夏の暑さが薄れ、赤、オレンジ、黄色といった鮮やかな背景に変わっていきます。気温の低さによって色合いはさらに変化し、地元の人々や観光客が大自然を満喫する世界へと誘います。絵のように美しい風景の中で、日本の食のシーンも変貌を遂げ、秋のエッセンスを取り入れた数々の美味しい食体験をご提供いたします。


秋の十和田湖


自然の色合いの美しさを探し求めて

10月から12月にかけて「紅葉」の美しさはアウトドアが大好きな方々を魅了いたします。関東、関西中部、東北、北海道にまたがるトレイルは紅葉狩りにぴったりな場所。高尾山の寺院や遊歩道は色とりどりの紅葉に縁取られ富士山の見事な眺望を楽しむことができます。「東洋のナイアガラ」と呼ばれ背景の鮮やかな森が美しい吹割の滝は多くの人々を惹きつけます。北海道の十和田八幡平国立公園にはこの景勝地を代表する紺碧の十和田湖と奥入瀬渓流があり、高い峰々を擁する大雪山国立公園には天然記念物に指定されている珍しい動物が生息しています。

お月見のお供え


お月見: 輝く伝統

秋の風物詩の中でひときわ目を引くのがお月見です。千年以上もの間、人々は月の光の下に集い五穀豊穣に感謝し繁栄を願ってきました。太陰暦の8月15日の十五夜のお月見には人々が一体となって満月の輝きをお祝いします。中国の唐の時代から続くこの風習は日本でも大切にされてきました。

秋刀魚のグリル


秋の食卓:食のシンフォニー

日本の豊かな食のタペストリーは、秋の恵みとともににいきいきと輝きます。醤油味の出汁が効いた鍋でいただくおでんはゆで卵やかまぼこなどの具材を使用、ほっとする味をお楽しみいただけます。サツマイモを使った焼き芋や梨の甘露煮は温かみのある風味をご提供します。さんまの塩焼きはパリッとした食感を、栗は秋のお料理に木の実の風味を添えてくれます。柿は芳醇な甘さはすばらしく、かぼちゃはお料理での使い道の多様さが魅力です。そして香り豊かな松茸はスープに深いコクを与えてくれます。

秋の名物、おでん


日本の秋は単なる季節ではありません。それは、感覚的な旅を楽しむ季節なのです。風景の鮮やかな色合い、月の輝き、食の楽しみが一体となって、日本の心と魂を映し出す忘れられない体験を織りなす時間でもあるのです。

Comments


bottom of page